ギフトも最近では変化があるようです。
ギフトも最近では変化があるようです。

日本におけるギフトの種類

ギフトは、日本では贈り物とか贈答品とか言われています。明日1月1日は、お年玉があります。また、年始回りをする際はお年賀としてお菓子などを持参していくも慣わしです。2月14日になると、バレンタインデーがあります。キリスト教に由来しているかとも思われていましたが、実は日本初のイベントです。贈答品の種類も今ではチョコレート一本になっています。義理チョコといわれる職場内での贈答という日本独自の風習も始まりました。そのお返しが3月14日のホワイトデーです。3月になると合格祝いや卒業祝いから4月の入学祝い、就職祝いに続きます。この時期は学用品が主流ですが、役立つものとして、商品券も重宝されています。

母の日や父の日は、親の好きなものを送ります。夏にはお中元、冬にはお歳暮と、お世話になった人に贈るという日本的な贈答文化が続きます。最近は12月のクリスマスが最大の商機かもしれません。プレゼントも高価になりますし、子供にもそれなりにおもちゃを買ってあげたりしないといけません。外食も盛んになり、レストランも予約をしないといけないほどになります。ボーナスの時期ではありますが、サラリーマンにとってはお歳暮の時期とも重なって、懐事情が厳しくなる時期でもあります。

PR情報

  • プレゼント付き電報を簡単にオーダーするならこのサイトで